シャドークロス最新話2話あらすじと感想・用語解説 社交ダンス漫画

映画やアニメ・漫画で知りたい 社交ダンスがわからない人向け

シャドークロス2話あらすじと感想【現役社交ダンサーが用語解説】

スポンサーリンク

  • シャドークロス2話のあらすじを知りたい
  • シャドークロス2話って面白いのかな?感想を知りたい!
  • シャドークロス2話を読んでみたけど専門用語などを知りたい

と考える方に向けて、ヤングジャンプ50号からの新連載の社交ダンス漫画「シャドークロス」2話のあらすじと感想、「シャドークロス」に出てくる専門用語の解説をお届けします。

 

最新話は下記の記事で紹介中です。

 

シャドークロス最新話2話あらすじと感想

シャドークロス最新話2話あらすじと感想

シャドークロス最新話2話あらすじ

赤城冬実(せきじょうふみ)は長尾忍(ながおしのぶ)と組むことが決まって初めての練習。そこで忍の目標が冬実に告げられる、それは毎年ドイツで開催されるグランドチャンピオンシップの日本人初のチャンピオンになること

冬実は世界一のパートナーになる使命で燃える。そんな冬実への課題は

  • ワルツのベーシックステップを一人で踊れるようになること
  • 基礎体力の強化

そして…

一週間

一週間で額縁(おれ)の花になってくれ

一週間で忍が認めるパートナーになる使命を与えられる。1週間という短い期間で冬実は忍が認められるパートナーになれるのか!?

 

シャドークロス最新話2話の続きは(2020/11/20現在)今なら無料でスマホ、PCどちらでも読むことができます。各リンクを貼っていますのでぜひ興味を持った方はご覧ください。

シャドークロス最新話2話の感想

※感想に多少のネタバレがあるのでご注意ください。

2話を読んでみて、すごく冬実を応援したくなります!1週間でうまい相手にあうパートナーになるのは相当大変だし、まして、仕事をしながらやるのは相当な努力が必要。そこをめげずに頑張ろうとする冬実は自然と応援したくなります。

 

そして、シチューエーションごとの表情がいいです。忍がパートナーの踊りをするときに変化する表情。その役に入ってやっている感じが見受けられてとてもいいです。忍と商店街で踊った時の冬実が解放された時に解放されたってことがすごくわかります。

そして、踊っている最後に見せたことがない妖艶な表情が見えるのもグッときます。とても19歳ができる表情には思えません。

 

ベーシックステップだけで周囲をわかせるのはすごいです。一般的に社交ダンスのベーシックステップは見せ場が少ないステップです。なので、そのステップだけで周りをわかせるというのは表情やポーズがしっかり作られているということを指します。

なので、かなり良かったんだというのがそこからわかります。

 

最後に1話の中でジェットコースターのような感情の変化があって面白いです。1話の中で目標からの努力している姿を見守りプラスの感情になります。しかし、忍との差を見せつけられて、うまくいかず落ち込むことで感情をマイナスに持っていきます。

そして最後に何気ないタイミングの急なダンスで自分の殻をやぶって、「良かった!」という最高潮を持ってきています。なので、1話の中で読んでいてジェットコースターみたいに話が進むので読んでて面白いです。

 

今後、今まで「周囲と繋がりたい!」っていう思いが原動力となって、冬実の表現力を引き出していましたが、忍と踊っていずれは満たされそうに思えます。そうなった時に表現力の壁にぶつかりそうです。

その壁にぶつかったら冬実がどう乗り越えるかがすごく期待です。

シャドークロス最新話2話の読者の感想

2話を読んだ方の感想です。みなさん、シャドークロスの2話もすごく楽しく読んでいます。

2人のダンスシーンの躍動感がすごい。冬実にとって2人で踊ることがどんなに凄いことか、楽しいことか伝わってくるねえ

出典:ヤンジャン!

あまりにも表情が……美しくて扇動的。
なんとも相反するものですが、それが綺麗な枠にはまっているようで最高に素晴らしいもの見せていただいたぁ……と膝から崩れ落ちそうです……あの、シャドーの瞬間の表情はまさに花でしたね……最高でした。

出典:ヤンジャン!

シャドークロス最新話2話で出てきた用語・場所を解説

シャドークロス最新話2話で出てきた用語・場所を解説

シャドークロス2話で色々と専門用語や踊っている場所ができましたので、そこについて詳しく解説していきます。

シャドークロス最新話2話で出てきた用語

社交ダンスの専門用語を解説していきます。

JBDF(正式名:JAPAN Ballroom Dance Federation)

JBDF日本の最大の競技ダンス団体で、プロフェッショナル競技会及びアマチュア競技会を共に行っています。世界のトップで戦うプロ選手はこの団体に一番多く所属していて、ダンスのレベルも高い団体です。

WDC(World Dance Council)という世界の競技ダンス団体に加盟している団体の一つ。

JDC(正式名:Japan Dance Council)

JDC日本のプロにおいて2番目に大きい競技ダンス団体です。こちらもプロフェッショナルの競技会だけでなくアマチュアの競技会を独自に行っています。ラテン選手のレベルが高いことで有名な団体です。

JBDFと同じくWDCの加盟団体の一つです。

JDSF(正式名称:Japan Dance Sport Federation)

JDSF日本最大級のアマチュア所属選手がいる団体です。もともとアマチュア専門の団体だったためプロも少しいますが、アマチュアの方が主体です。

ウリナリ社交ダンス部の南原さんたちが目指した1級の試合や金スマ社交ダンス企画で「キンタロー。とロペス」ペア、「村主章枝とロペス」ペアが目指していた日本代表をかけた試合を行う団体です。

他の団体と異なり、WDSF(World DanceSport Federation)という世界の競技ダンス団体に加盟しています。

WDSF(正式名称:World DanceSport Federation)

世界で2つある競技ダンス団体のうちの1つ。WDSFは元々アマチュア競技を専門とする団体ICAD(国際アマチュアダンス評議会)が世界一部のプロ団体を取り入れて作った組織です。

2018年に金スマ社交ダンス企画で「キンタロー。とロペス」ペアが戦ったマイアミオープンなどの大会を開いている団体です。競技ダンスをオリンピック種目にするため動いています。

WDC(正式名:World Dance Council)

世界で2つある競技ダンス団体のうちのもう1つ。WDCはウリナリ社交ダンス部で南原さんたちの目標だった「ブラックプールダンスフェスティバル」など多くのビックタイトルを主催する団体です。

日本含め世界60カ国の団体が加盟しており、世界中のプロ選手の多くがこの団体に所属しています。

 

そのほか社交ダンスの団体について紹介した記事があるので、興味がある方はご覧ください。

ブラックプールダンス大会

ブラックプールの写真出典:ヨーロッパ旅行情報

ウリナリ社交ダンス部で南原さんたちの目標としていた大会であり、多くの社交ダンスをやっている人が一度は行ってみたいと思う場所。

世界でもっとも有名な社交ダンス競技会で、イギリスのブラックプールにあるウインターガーデンで毎年5月下旬から6月上旬にわたって開催されます。

グランドチャンピオンシップ

シャドークロスオリジナルの大会と考えられます。

モチーフはWDSFが毎年8月中旬にドイツのシュトゥットガルトで行われる「Gland Slam」の一つの大会。おそらくこの大会がシャドークロスでいっている世界チャンピオンを決めるグランドチャンピオンシップのモチーフとなっていると考えられます。

現実世界でいうとこの大会に彼らは出場して優勝することを目指すことになりそうです。また、現実で踊られているGland Slamの踊りも動画でご紹介します。

ワルツ

ワルツはゆっくりとした3拍子、滑らかに上下することが魅力のダンスです。社交ダンスをやったことない方でも1度は聞いたことがある種目で、「社交ダンスといえばこれ」と言えるくらい有名な種目です。

シャドークロスで話していたワルツのベーシックステップについては下の動画のような感じだと思われます。

忍は10種類覚えて欲しいと言っていたので、もう少しステップにバリエーションがあると思いますが、だいたいこのような感じです。2人は商店街の真ん中でこのようなステップを踊っていたのでしょう。

ワルツ以外の種目も紹介している記事があるのでぜひ興味があればご覧ください。

シャドークロス最新話2話で出てきた場所

モチーフになった場所があり特定できました。ぜひ聖地巡礼などにお使いください。

ミント(池袋レンタルスタジオ)

シャドークロスで2人が練習していたスタジオはミントという池袋のレンタルスタジオです。外観と設置されている設備の内容がかなり似ているためです。

まず、ビルの外観ですが、ビルの画像のビル名が漫画中に出てくる名前と同じです。

そして、天井や鏡の配置、そして漫画中で使用しているテレビが同じです。

設備や外観がかなり似ているところから、練習で使用されたスタジオは池袋のレンタルスタジオ ミントであると考えられます。

ハッピーロード大山商店街

次に冬実と忍が踊った商店街ですが、東京都の大山駅近くにあるハッピーロード大山商店街です。

下の画像が会話中に出てくる商店街の1シーンと酷似しています。

ハッピーロード大山商店街出典:GO TOKYO

モチーフは大山商店街ですが、場所の名前が十条と書いてあるので、実際に住んでいる場所は大山に近い十条という場所だと考えられます。

十条から池袋は結構遠いので普通、電車を使いますが、冬実は自転車なのですごく頑張って行っていることがわかります。

シャドークロス最新話2話あらすじと感想まとめ

シャドークロス最新話2話あらすじと感想まとめ

社交ダンス漫画「シャドークロス」の2話のあらすじや感想、そこで出てきた用語解説やモチーフとなった場所をご紹介してきました。少しずつ進んでいる冬実と忍がどう成長していくか今後も期待です。次が待ち遠しいです。

そんな、シャドークロスがなんと単行本販売が決定しました!

 

3/18発売の693円(税込)で、Amazonと楽天で予約受付中です。

 

今、予約すれば忘れずに手元に届きます!ぜひ予約してしまいましょう!
ミクト

 

 

1話と次の3話のあらすじや感想、のを紹介しているのでぜひそちらもがご覧ください

冬実のように社交ダンスに興味を持ったら、社交ダンスを始めてみましょう。社交ダンスは人生を豊かにしてくれるとても良い趣味なのでとてもおすすめです。

社交ダンスを始めるには社交ダンス教室に行くと始められます。東京や大阪の無料体験レッスンやレッスン費用が安い教室を紹介しています。ぜひチェックして見てください。

社交ダンスの始め方や社交ダンスの魅力、趣味にするときのメリットやデメリットを紹介しています。

スポンサーリンク

-映画やアニメ・漫画で知りたい, 社交ダンスがわからない人向け

© 2021 ボールルームラボ