シャドークロス14話感想あらすじ!兄妹・姉弟カップルの実情も紹介

映画やアニメ・漫画で知りたい 社交ダンスがわからない人向け

シャドークロス14話感想あらすじ!兄妹・姉弟カップルの実情も紹介

スポンサーリンク

シャドークロス14話のあらすじやみんなの感想を知りたい!社交ダンスの兄妹、姉弟カップルってそんなにいるの?気になる。

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • シャドークロス14話のあらすじ
  • シャドークロス14話の感想や競技ダンサー視点の解説
  • 兄妹、姉弟カップルはいるの?実例をあげて紹介!

 

本記事の信頼性

ミクトプロフィール

ミクト(@mikuto_dance)

この記事を書いている私は、社交ダンス・競技ダンス歴13年です。

大学で社交ダンスにはまり、今も妻と一緒に大会に出場しています。社交ダンスは若い人でも楽しめる趣味としてもっと広めたくブログなどで発信しています。

 

ダンススポーツ(社交ダンス)をテーマにしたシャドークロス。

 

社交ダンスを通じて、忍と冬実の人間的な成長、周りの人との関係性も少しずつ変わりとても応援したくなります。

 

14話は忍たちが出場する大会当日のお話です。

 

忍から手を離していったパートナー、そして忍の手をとったパートナー、対照的なパートナーの一面が描かれた話ですよ。
ミクト

 

 

【ボールルーム漫画】シャドークロス最新話14話のあらすじ

【ボールルーム漫画】シャドークロス最新話14話のあらすじ

 

大会は若干23歳にしてスタンダード部門で3連覇を成し遂げた、チャンピオン暮井花音(くれいかのん)、花蓮(かれん)組のデモンストレーションから始まる。

 

2人のダンスは会場の息が止まるくらい美しい、そして、ダンサーにとっては「息の根を止められる」くらいの素晴らしいダンスだった。

 

ダンスが終わった瞬間に会場からは絶賛の声。

 

チャンピオンの暮井カップルは兄妹カップルであり、パートナーの花蓮は長尾忍(ながおしのぶ)の元パートナーだった。

 

2人の3連覇の現状を見た観客が、

 

元パートナーが3連覇もしてたらさぁ…
リーダーの素質がないって気付くだろ

 

という言葉を、忍がいることも知らずに投げかける。

 

トクン

 

その言葉を聞いた、冬実は感じる。

 

聞き慣れた音、身体がこわばる音であり、「涙」が出る予兆。

 

だけどこれは……。

 

冬実にはこれまで起きたことがない別の感情が出てきた……。

 

冬実から湧き出た感情とはなんでしょうか!?そして、ひどい言われようの忍はどう対処するのか?
ミクト

 

冬実の感情がわかるシャドークロス最新話14話の続きは(2021/03/17(現在))今なら無料でスマホ、PCどちらでも読むことができます。

 

下にすぐ読める公式のリンクを貼っていますのでぜひ興味を持った方はご覧ください。

※無料で読めるのは1巻発売前日の2021/3/17までだから急いで読みましょうね。

 

 

>>まだ1話を読んでいない方向けに、第1話のあらすじや感想を紹介しています。ぜひご覧ください。

 

【ボールルーム漫画】シャドークロス最新話14話の感想

【ボールルーム漫画】シャドークロス最新話14話の感想

 

次にブログ記事制作者の感想、その他読者の感想を紹介していきます。

※感想に多少のネタバレがあるのでご注意ください。

 

ブログ制作者の感想や考察・特徴解説

 

最初のページの「離した手」と「繋いだ手」の描写、「花蓮にまとう青」、「冬実にまとう赤」そして、トップのカラーイラストと2人が相反する場所にいることがすごくわかるところが感情に突き刺さりますね。

 

忍という1人のリーダーを起点にそれぞれの決断が描かれていて、辛くもあり、嬉しくもありというなんとも言えない感情に襲われます。

 

また、カラーで描かれている花蓮の背中がすごいですね。

 

日本チャンピオンと呼ばれるだけあり、しっかり鍛えられているのがわかります。

 

忍が過去組んでいた人と比較されたように、実際の社交ダンスの世界にも比較されることはありますね。

 

カップルを解消した後に結果が良くなった、悪くなったはよくあることです。

 

上記の場合に過去に組んでいたリーダーやパートナーと比較されて揶揄されることはあります。

 

特にトップで活躍する選手たちはそういった的になりやすいですね。

 

言われてしまうと、なかなか感情の整理が難しいだろうと察します。

 

解消したらしたなりに頑張っているので、そっと応援をしたいですね。

 

そして、とうとう始まるなって感じられる回でしたね。

 

今回の暮井花音、花蓮カップルの踊りを見て、次回の忍と冬実がどう周りを惹きつけるかが楽しみです。

 

花蓮と組んでいたから本当の力が発揮できなかった、冬実とならもっと忍も輝くというのを見せつけて欲しいですね!
ミクト

 

シャドークロス14話読者の感想

 

実際にシャドークロス14話を読んだ方々の感想を紹介しますね。

 

 

 

冬実ちゃん物おじしなくなったし、すっかり背中筋肉質になってダンス選手の体になっているんだな

出典:ヤンジャン!

 

忍に対する応援や冬実に対する応援の声が多いですね!日本チャンピオンに負けないよう頑張って欲しいですね!
ミクト

 

社交ダンスのカップルで兄妹って本当にいるの?実例踏まえて紹介

社交ダンスのカップルで兄妹って本当にいるの?実例踏まえて紹介

 

シャドークロス14話の中で、「兄妹カップルはめずらしくない」という話がありましたが、実際のところをご紹介しますね。

 

確かに兄妹が社交ダンスのカップルとして踊っていることは珍しくはありません。

 

しかし、10代で子供の頃から活躍しているアマチュア選手の場合はよくあるが正解ですね。

 

プロで活躍する人たち、大学生や社会人で始めた人たちで兄妹や姉弟で組んでいるというのは逆に珍しいですよ。

 

ただ多くはないですが、プロで活躍した姉弟カップルもいますよ。

 

有名なのが、瀬古薫希(せこまさき)先生、瀬古知愛(せこちあき)先生カップルですね。

 

お姉さんの瀬古知愛先生と弟の瀬古薫希先生の2人がダンスカップルとして組んでいます。

 

2人はラテン種目で全日本でチャンピオンになるくらいすごく上手な姉弟カップルでした。

 

2019年に引退してしまいましたが、プロで有名な姉弟カップルは瀬古カップルですね。

 

どんな踊りをされていたかを動画で紹介しますね。

 

 

子供の頃からずっと2人で組んで踊っているようですよ。10年前に私は初めて踊っている姿を見ましたが、兄妹で踊っているところは少し衝撃がありましたね。
ミクト

 

次にアマチュア選手は五月女兄妹カップルが有名ですね。

 

兄の五月女光政(そうとめこうせい)くんと妹の五月女睿佳(そうとめえいか)さんが組んでいます。

 

この2人も幼い頃から、ずっと組んでいますね。

 

10代で兄妹や姉弟で組む理由は、「学生の競技ダンス人口は少ない」、「兄妹だと時間が合わせやすい」といったためですよ。

 

ボールルームへようこそでも赤城賀寿、赤城真子兄妹がそうですね。

 

早乙女兄妹も全日本で2位に入るなどすごい成績を残しています。

 

そんな2人は下の動画のようなダンスをしますよ。

 

 

他にも大西兄妹などのアマチュアカップルもいるするのでぜひチェックしてみてくださいね。
ミクト

 

まとめ

まとめ

 

シャドークロス第14話のあらすじや感想、兄妹カップルの実情を紹介してきました。

 

元パートナーの活躍、周りからの揶揄と忍の心にグサッとくる回でしたね。でも、あまり影響を感じさせない忍がいました。冬実がいてくれるからでしょうか。次の話も楽しみですね!
ミクト

 

そんな、シャドークロスがなんと単行本販売が決定しました!

 

3/18発売の693円(税込)で、Amazonと楽天、ヤフーショッピングで予約受付中です。

 

今、予約すれば忘れずに手元に届きます!ぜひ予約してしまいましょう!
ミクト

 

 

そして、すでに連載された1話の感想やあらすじ、前の話であるシャドークロス13話感想あらすじ!社交ダンス選手の練習着事情も解説も紹介しているので、ぜひそちらもご覧ください。

 

また、社交ダンスは冬実のようにとても熱くなれます!

 

そして人生を豊かにしてくれるとても良い趣味ですし、とてもおすすめができます。

 

実際私も社交ダンスに出会って、ダンスが楽しいだけでなく、生涯のパートナーと出会えたりと社交ダンスに夢中です。

 

そんな、社交ダンスは社交ダンス教室に行くと始められます。

 

>>東京で社交ダンスを無料体験・安く体験ができる教室大阪で無料体験できる初心者向けの社交ダンス教室を紹介しています。

 

ぜひチェックして予約してみましょう。

 

また、社交ダンスをもっと知りたい方向けに映画で知る方法社交ダンスの始め方もを紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

 

今回は以上です。

 

スポンサーリンク

-映画やアニメ・漫画で知りたい, 社交ダンスがわからない人向け

© 2021 ボールルームラボ