【初心者向け】社交ダンスタンゴの特徴や基本ステップを動画で解説!

基礎知識を知りたい 社交ダンスがわからない人向け

【初心者向け】社交ダンスタンゴの特徴や基本ステップを動画で解説!

スポンサーリンク

社交ダンスのタンゴってどんな踊りなのかな?特徴や面白さ、難しさを知りたい!また、初心者がタンゴを踊るとしたらどんなステップかな?気になる!

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • タンゴとは?
  • タンゴの面白さ・難しさを解説
  • タンゴの初心者ステップや上達のコツを紹介
  • タンゴの歴史を詳しく解説

 

本記事の信頼性

ミクトプロフィール

ミクト(@mikuto_dance)

この記事を書いている私は、社交ダンス・競技ダンス歴13年です。

大学で社交ダンスにはまり、今も妻と一緒に大会に出場しています。社交ダンスは若い人でも楽しめる趣味としてもっと広めたくブログなどで発信しています。

 

初心者の方向けにタンゴがどんな種目か、私が実際に踊って感じる面白さや難しさを紹介していきますね。

 

また、タンゴの初心者用ステップやタンゴが楽しく踊れるおすすめ曲を紹介するので、タンゴが踊れそうか、タンゴが好きになれそうかが、わかりますよ。

 

それでは記事の最後でお会いしましょう。

 

タンゴは情熱的でかっこいいダンスですよ!初心者の方向けに詳しく解説していきますね。
ミクト

 

 

社交ダンスのタンゴとは?3つの要素で解説

社交ダンスのタンゴとは?3つの要素で解説

 

まず、タンゴがどのようなダンスか、動画をご覧ください。

 

 

情熱的なスピード感ある踊りで、スタッカートに動く感じが魅力的のダンスですね!
ミクト

 

動画は現在の元世界チャンピオンのアルナスとカチューシャ組が踊るタンゴです。

 

世界チャンピオンの踊りが気になる方向けに社交ダンスの現世界チャンピオンの踊りを全種目紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

そんなタンゴを、もっと知っていただけるよう、3つの要素で詳しく解説していきますね。

 

タンゴを3つの要素で解説!

  • 特徴
  • カウント・リズム

 

種目の特徴

 

タンゴは情熱的でスピード感ある踊りで、動いたり、止まったりする動きの違いが魅力的のダンスですよ。

 

情熱的でスピード感ある踊りで、急に止まったり、動いたりとその差が魅力的のダンスですね。

 

かっこいいスタッカートな曲が多く、踊るととても楽しいですよ。

 

女性が首を切れよく振るネックアクションも特徴の一つですね。

 

上下の動作がなく踊りやすいため、初心者が最初の方に習うステップとして人気です。

 

また、社交ダンスとは異なる「アルゼンチン・タンゴ」と区別する意味で「コンチネンタル・タンゴ」とも言われています。

 

私もタンゴはかっこいいと感じており、スパッとうまく技決まるととても気持ちよく感じます。

 

ただ、感情表現がするために、力みがちなので気をつける必要がある種目ですよ。

 

タンゴ以外のスタンダード種目とラテン種目の違いを紹介しているので、違いを紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

 

>> 社交ダンスは全部で14種類!種目の違いを解説

 

カウント・リズム

 

タンゴは1小節が4拍構成されており、1拍目と3拍目に強いアクセントがあります。

 

リズムは「S,Q,Q」と記載して、「スロー、クイック、クイック」と呼びます。

 

S(スロー)は2拍、Q(クイック)は1拍で数えますね。

 

なので、タンゴの基本的なカウントは「スロー(2拍)、クイック(1拍)、クイック(1拍)」となりますね。

 

また、細かい動きをする際に「&」半拍(0.5拍)で「アンド」で数えることもあります。

 

タンゴの曲

 

タンゴは 「He's a Pirate」といった映画「パイレーツオブカリビアン」の曲や、ビリー・アイリッシュの「Bad Guy」などの有名曲がありますよ。

 

上記含めた、私が厳選したおすすめタンゴ曲を10曲収録していますので、ぜひ聴いてみてください。

 

 

さらに下記の記事でタンゴのおすすめ曲を詳しく解説しているので、チェックしてみてくださいね。

 

>> 【100曲以上から厳選!】社交ダンスのタンゴの曲おすすめ10選!

 

社交ダンスタンゴの面白さ・難しさ

社交ダンスタンゴの面白さ・難しさ

 

それでは、実際に競技会などでタンゴを踊る私が感じる、タンゴの面白さや難しさを解説しますね。

 

また、実際に踊ってみてわかった初心者へのおすすめ度も合わせて紹介します。

 

タンゴの面白さ

 

タンゴの面白さは2つです。

 

タンゴの面白さ

  • 情熱の感情が出して踊れるので踊っていて楽しい
  • キレよく踊って技をスパッと決めるところがかっこよくて面白い

 

タンゴはスタンダードダンスの中でも一番感情が出しやすいですね。

 

曲や踊りがかっこよく、自然と感情が出てきます。

 

感情を出して踊ると、踊っている時は楽しく、踊った後はすごくスッキリするのでとても面白いですよ。

 

また、キレがいい踊りがタンゴの特徴の一つです。

 

なので、技を決めるときにキレ良く踊ることができると自分で「かっこよくできた!」と思えて楽しいですよ。

 

タンゴは踊った後、一番気分がスッキリする種目ですね。なので、ぜひ習ったらたくさん踊ってみてください!
ミクト

 

タンゴの難しさ

 

タンゴの難しさは下記2つです。

 

タンゴの難しさ

  • スタッカートに踊ろうとして、力みがちになってうまく動けない
  • 一番密着する種目なので最初は抵抗がある

 

タンゴの特徴からスタッカートに、かっこよく踊ろうとします。

 

すると、少し力んで踊ってしまう初心者の方が多いですね。

 

力んでしまうと外から見た時にかっこ悪くなってしまいますので、力まないように踊りましょう。

 

また、タンゴの男女の組み方は他のスタンダード種目と異なり、少し密着しやすい組み方になります。

 

そうするとお互いの距離が近くなってしまうので、少し抵抗を感じる方もいると思います。

 

抵抗がある場合は無理せず、少し抵抗があることを伝えるといいですよ!少しずつ慣れていきましょう。
ミクト

 

初心者おすすめ度

 

初心者おすすめ度は「」ですね。

 

理由はステップが1番簡単で、覚えやすいためですね。

 

ワルツと異なり、上下運動も少ないのでステップを踏むことに集中でき、おすすめですよ。

 

とにかく早くステップを覚えて踊れるようになりたい人はタンゴ、社交ダンスを踊っている感じを味わいたい人はワルツという選び方がおすすめですね。

 

タンゴやワルツ含めた、他の種目の初心者おすすめ度を下記で紹介しているので、合わせてチェックしてくださいね。

 

>> 社交ダンス14種類の種目の初心者おすすめ度を紹介

 

私はスタンダードの中でタンゴを最初に覚えましたね。初心者用ステップも簡単ですぐ踊れるようになり楽しかったですよ!
ミクト

 

社交ダンスタンゴの初心者向けステップ

社交ダンスタンゴの初心者向けステップ

 

それでは、社交ダンスの初心者が最初に習うことが多いベーシックステップを紹介していきますね。

 

まず、ステップの動画とカウントを紹介します。

 

 

タンゴのステップ名とカウント

番号 ステップ名 カウント
1 ツーウォーク SS
2 リンク QQ
3 クローズドプロムナード SQQS
4 バックコルテ SQQS
5 オープンリバースターン QQS QQS
6 ファイブステップ QQQQS
7 クローズドプロムナード SQQS

 

教室やサークルによっては少し異なることもありますが、紹介するステップをどこかでは使うので知っておいて損はないですよ。

 

それに、少しでも知っておくと予習になるのでおすすめです。

 

また、タンゴ上達を目指したい方向けに3つの上達ポイントを紹介しますね。

 

タンゴ上達のための3ポイント

  1. 息を吐いて踊ること
  2. 体全体で踊ること
  3. 滑らかに踊ること

 

それぞれ解説していきますね。

 

1.息を吐いて踊ること

 

難しさでもご紹介しましたが、タンゴを最初踊る時は「スタッカートに踊ろう、頑張って踊ろうと」思い力みがちです。

 

そう考えてもいいので、動き出すときに息を吐いて踊ってみましょう

 

息を吐くと余計な力が抜けて、踊ることができ力みが解消しますよ。

 

簡単にできることですが、意外と意識できない時が多いのでぜひ意識してみましょうね。

 

2.体全体で踊ること

 

スタッカートに踊ろうとしたときに、足に意識がいきがちですね。

 

そうすると踊り始めに足から出てしまう初心者が多いです。

 

しかし、足から出てしまうと少し後ろに傾いて踊ってしまうため、外から見た時にかっこ悪く見えますよ。

 

よって、体から移動するようにして、後ろに傾かないように注意しましょう。

 

そうすることで、かっこよく踊ることができますよ。

 

3.滑らかに踊ること

 

少しレベルが上がったら意識してみるといいですね。

 

スタッカートに踊ろうと意識するけど、実は滑らかに踊った方がスタッカートに見えます

 

と、普段習っている先生から教えていただきました。

 

理由はタンゴの曲がそもそもスタッカートに演奏されているからです。

 

タンゴの曲がスタッカートに演奏されているため、無理にスタッカートに踊らなくても実はタンゴっぽく踊っているように見えますよ。

 

ただ、最初はタンゴらしさを理解するためスタッカートにカウントをとることとは重要です。

 

なので、最初はスタッカートに踊ってみて、少しレベルが上がったら滑らかに踊るように意識してみましょう。

 

上達のコツは初心者の方向けですが、ある程度踊れる人もなることがあるので、気を付けてみるといいですよ!
ミクト

 

社交ダンスのタンゴの歴史

社交ダンスのタンゴの歴史

 

タンゴの起源は実ははっきりと解明されていません。

 

最も古い歴史として言われているのが、18世紀後半にスペインのイベリコ半島で踊られていたことのようです。

 

手書きの楽譜が見つかったことから、そのように言われていますね。

 

そして、1900年頃、タンゴを広めたことで有名な伝説のダンサー、El Cachafaz(エル カチャファス)が世界で最初にタンゴ教室を開きました。

 

フランスではカトリック教が禁止令を出すほどにまでタンゴが普及していったそうです。

 

ちなみにまだ当時は「アルゼンチンタンゴ」が主流で、社交ダンスのタンゴはありませんでした。

 

その後、1920年頃、禁止が解かれたフランスを中心にタンゴがヨーロッパ中で踊られるようになりました。

 

そして、ヨーロッパの色合いを足してアレンジして踊られたところから、現在の「コンチネンタル・タンゴ」という種目に発展していったそうです。

 

まとめ

まとめ

 

初心者の方向けに社交ダンスのタンゴを解説してきました。

 

タンゴは情熱的でスピード感ある踊りで、動いたり、止まったりする動きの違いが魅力的のダンスですよ。

 

タンゴはステップも簡単で覚えやすいので、初心者にはおすすめの種目です。

 

もし、とにかく早く社交ダンスを踊れるようになりたいと思う方はぜひ「タンゴ」を習ってください。

 

タンゴはかっこいい曲が多く、踊るとスッキリできるおすすめの種目ですよ。ハリウッド映画「Shall we dance?」で、途中にリチャードギアとジェニファーロペスが踊っていた種目ですね!
ミクト

 

そんなタンゴを教えてくれるおすすめの東京や大阪の社交ダンス教室を紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

 

>>初心者向けの東京の社交ダンスで無料体験・安く体験ができる教室

>>無料体験できる大阪の初心者向けの社交ダンス教室

 

また、社交ダンスをもっと知りたい方向けに映画で知る方法社交ダンスの種類全14種目も紹介しています。

 

合わせてチェックしてみてくださいね。

 

今回は以上です。

スポンサーリンク

-基礎知識を知りたい, 社交ダンスがわからない人向け

© 2021 ボールルームラボ