社交ダンスジャイブの面白さ・初心者ステップを現役ダンサーが紹介!

基礎知識を知りたい 社交ダンスがわからない人向け

社交ダンスジャイブの面白さ・初心者ステップを現役ダンサーが紹介!

スポンサーリンク

社交ダンスのジャイブってどんな踊りなのかな?ダンスの特徴や楽しさを知りたい!あと、初心者がジャイブを踊るとしたらどんなステップかな?

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • ジャイブとは?
  • ジャイブの面白さ・難しさを解説
  • ジャイブの初心者ステップを動画で紹介
  • ジャイブの歴史を詳しく解説

 

本記事の信頼性

ミクトプロフィール

ミクト(@mikuto_dance)

この記事を書いている私は、社交ダンス・競技ダンス歴13年です。

大学で社交ダンスにはまり、今も妻と一緒に大会に出場しています。社交ダンスは若い人でも楽しめる趣味としてもっと広めたくブログなどで発信しています。

 

初心者の方向けにジャイブがどんな種目か、実際に踊ったからわかる面白さや難しさを紹介していきますね。

 

また、ジャイブの初心者用ステップやジャイブの曲を紹介するので、ジャイブが踊れそうか、ジャイブが好きになれそうかが、わかりますよ。

 

それでは記事の最後でお会いしましょう。

 

ジャイブはスピード感ある曲が多く、踊るのも見るのも楽しい種目ですよ。初心者の方向けに詳しく解説していきますね。
ミクト

 

 

社交ダンスのジャイブとは?3つの要素で解説

社交ダンスのジャイブとは?3つの要素で解説

 

まず、ジャイブがどのようなダンスか、動画をご覧ください。

 

 

男女ともにテンションあがる曲で、ジャンプしながらかっこよく踊っていますね!
ミクト

 

動画は現在の世界チャンピオンのドリーンとマリーナ組が踊るジャイブです。

 

>> 社交ダンスの現世界チャンピオンの踊りを全種目紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

そんなジャイブを、もっと知っていただけるよう、3つの要素で詳しく解説していきますね。

 

ジャイブを3つの要素で解説!

  • 特徴
  • カウント・リズム

 

種目の特徴

 

ジャイブはラテン種目1つで、とても速いリズムで足をけり上げたり、はねるような動作で魅了する楽しくかっこいいダンスです。

 

ラテン種目で最も運動量が多く、飛び跳ねているため、ほとんどつま先だけで踊り続けます。

 

また、小刻みにキックやフリックなどを使って踊るステップが特徴ですよ。

 

ジャイブ以外のスタンダード種目とラテン種目の違いを紹介しているので、違いを紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

 

>> 社交ダンスは全部で14種類!違いを解説

 

カウント・リズム

 

ジャイブのリズムはとても速い4拍子で、2拍目と4拍目にかけてアクセントがあります。

 

ジャイブのカウントは「1,a,2,3,a,4」や「Q,a,Q,Q,a,Q」と記載して、「ワン、ア、ツー」や「クイック、ア、クイック」と呼びますよ。

 

また、「1」と「Q」は3/4拍、「a」は1/4拍で数えますね。

 

他にも「&」でカウントを取るタイミングもあり、拍数は半拍(0.5拍)で「アンド」と言います。

 

ジャイブの曲

 

ジャイブの代表的な曲は、テイラースイフトの「Shake it off」やブルーノ・マーズの「Runaway Baby」などがあります。

 

上記含めた、私が厳選したおすすめジャイブ曲を10曲収録していますので、ぜひ聴いてみてください。

 

 

さらに下記の記事でジャイブのおすすめ曲について詳しく解説しているので、チェックしてみてくださいね。

 

>> 社交ダンスのジャイブの曲テンションUP10選!

 

社交ダンスジャイブの面白さ・難しさ

社交ダンスジャイブの面白さ・難しさ

 

それでは、実際に競技会などでジャイブを踊る私が、面白さや難しさを解説しますね。

 

また、実際に踊ってみてわかった初心者へのおすすめ度も合わせて紹介します。

 

ジャイブの面白さ

 

ジャイブの面白さは3つです。

 

ジャイブの面白さ

  • ノリがいい曲が多いのでテンション高く踊れる
  • かっこいいステップが多いので踊れると楽しい
  • 上手な人の踊りを見るも楽しい

 

社交ダンスのジャイブの曲はノリがいい曲ばかりなので、気分をあげてダンスを踊ることができますね。

 

また、かっこいいステップが多いので、踊れるようになると周りからもかっこよくみてもらえて楽しいですよ。

 

そして、自分が踊るだけでなく、踊っている人の姿を見るのも楽しい種目ですね。

 

ジャイブは楽しそうに踊る人たちばかりなので、自分も楽しくなって「自分も踊りたい!」という感情が芽生えますよ。

 

ジャイブは踊れるようになるとすごく楽しい種目です。私もまだまだですが、踊ると楽しくなってもっと踊りたいって思えますね。
ミクト

 

ジャイブの難しさ

 

ジャイブの難しさは下記2つです。

 

ジャイブの難しさ

  • テンポが速いのでダンスが追いつかない
  • 細かい動きが多いので、慣れるまでに時間がかかる

 

初心者の方が初めて踊ったときに、一番悩むところだと思います。

 

どの種目よりも曲が速いので、ステップがおぼつかないときだと曲において行かれがちです。

 

最初は曲に合わせず、自分たちでカウントを口ずさみながら踊り始めるといいですよ。

 

また、細かく動くステップが多いので足がうまく動かせないと思います。

 

基本ステップをとにかく復習して慣れることで、上達できますよ。

 

初心者おすすめ度

 

初心者おすすめ度は「」ですね。

 

理由はステップが細かくて難しい、曲が速いのですぐ踊れるようにはならないためです。

 

ラテン種目の中では、1番おすすめはしづらい種目ですね。

 

逆に初心者が一番始めやすいラテン種目はルンバです。

 

ルンバの特徴や面白さ、初心者向けのステップを紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

もちろん、ジャイブで踊りたいといった思いがあれば、ぜひジャイブから始めてみましょう。

 

他の種目の初心者おすすめ度を下記で紹介しているので、合わせてチェックしてくださいね。

 

>> 社交ダンス14種類の種目の初心者おすすめ度を紹介

 

私もジャイブを練習するようになったのは、ラテン4種目を踊れるようになったあとですね。他の種目がある程度踊れると、ジャイブを踊るハードルが低くなりますよ。
ミクト

 

社交ダンスジャイブの初心者向けステップ

社交ダンスジャイブの初心者向けステップ

 

それでは、社交ダンスの初心者が最初に習うことが多いベーシックステップを紹介していきますね。

 

まず、ステップの動画とカウントを紹介します。

 

 

ジャイブのステップ名とカウント

番号 ステップ名 カウント
1 フォーラウェイロック QQ QaQ QaQ QQ QaQ QaQ
2 チェンジオブプレイス Right to Left QQ QaQ QaQ
3 チェンジオブプレイス Left to Right QQ QaQ QaQ
4 アメリカンスピン QQ QaQ QaQ QQ QaQ QaQ
5 チェンジオブハンズビハインドバック QQ QaQ QaQ
6 ストップアンドゴー QQ QaQ S QaQ QQ QaQ S QaQ
7 チェンジオブプレイス Left to Right QQ QaQ QaQ
8 リンク QQ QaQ QaQ QQ

 

教室やサークルによっては少し異なることもありますが、紹介するステップをどこかでは使うので知っておいて損はないですよ。

 

それに、少しでも知っておくと予習になるのでおすすめです。

 

最初は1〜3のみを練習するといいですよ。

 

まずは基本ステップを踊れるようになると考えた場合に1〜3が基本ステップになるためです。

 

余裕があれば4以降を練習してみましょう。

 

そして、少しステップが踏めるようになったら2つのポイントを意識してみるといいですよ。

 

ジャイブ上達のための3ポイント

  1. 体力をつけること
  2. ジャイブの動きに慣れること
  3. 1とaのカウントの違いを踊れるようになること

 

それぞれ解説していきますね。

 

1.体力をつけること

 

ジャイブは1分30秒の間、ずっと飛び跳ねながら踊る種目でかなり体力を使いますよ。

 

また、競技会だと1番最後に踊ることが多いです。

 

よって、体力がないと踊ることができない種目です。

 

なので、しっかり踊り込んで体力をつけていきましょう。

 

2.ジャイブの動きに慣れること

 

ジャイブは跳ねる運動が特徴のダンスですが、普段やらないためなかなかステップに慣れません。

 

よって、ジャイブの跳ねる運動に慣れた方が上達が早いです。

 

下で紹介する動画の16〜38秒までのジャイブ運動を繰り返すだけでも、かなり違うのでやってみましょう。

 

 

3.1とaのカウントの違いを踊れるようになること

 

まずジャイブの「1」と「Q」は3/4拍、「a」は1/4拍で数えます。

 

この違いを表現できるようになると、とても強いですよ。

 

ジャイブはテンポがとても速い種目なので、上記の違いを見せられるダンサーは少ないためです。

 

なので、踊るときにカウントの違いを意識しながら練習するようにしましょう。

 

ジャイブはすごく難しい種目ですが、踊れるようになるととても楽しい種目ですよ!地道に頑張っていきましょう。
ミクト

 

社交ダンスのジャイブの歴史

社交ダンスのジャイブの歴史

 

1920年代ニューヨーク、マンハッタンの北部に位置する街ハーレムでジャイブの起源となるダンスが生まれました。

 

名前は「フォックストロット」と言い、黒人達がジャズに乗せて踊ったダンスです。

 

そこから「チャールストン」に変わり、女性をクルクルと回すダンス「リンディーホップ」へと変化していきました。

 

1930年代には早いテンポのスイングジャズに合わせて「ジッタバーグ」と呼ばれるダンスに変わります。

 

そして、1940年代にヨーロッパに伝えられジャイブになり、1960年代に競技種目としてのジャイブが取り入れられました。

 

ちなみに「ジッタバーグ」は社交ダンスの種目の1つである「ジルバ」の語源ですよ。起源が同じだから「ジルバ」と「ジャイブ」は同じ曲を使うんですね。
ミクト

 

まとめ

まとめ

 

初心者の方向けに社交ダンスのジャイブを解説してきました。

 

ジャイブはとても速いリズムで足をけり上げたり、はねるような動作で魅了する楽しくかっこいいダンスです。

 

曲の速さとステップの細かさで結構難しい種目なので、初心者の方で早く踊れるようになりたい方にはあまりおすすめできません。

 

もし、ラテンを習ってみたいと思ったら、ルンバを習ってみることをおすすめします。

 

ルンバの特徴や面白さ、初心者向けのステップを紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

ジャイブはとても難しい種目ですが、踊るのは楽しいですし、見るのも楽しい種目です。なので、最初はたくさん他の人のダンスを見て勉強するのもありですよ。
ミクト

 

そんなラテン種目を教えてくれるおすすめの東京や大阪の社交ダンス教室を紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

 

>>初心者向けの東京の社交ダンスで無料体験・安く体験ができる教室

>>無料体験できる大阪の初心者向けの社交ダンス教室

 

また、社交ダンスをもっと知りたい方向けに映画で知る方法社交ダンスの種類全14種目も紹介しています。

 

合わせてチェックしてみてくださいね。

 

今回は以上です。

スポンサーリンク

-基礎知識を知りたい, 社交ダンスがわからない人向け

© 2021 ボールルームラボ