【初心者向け】社交ダンスルンバの特徴やステップ動画、歴史を解説

基礎知識を知りたい 社交ダンスがわからない人向け

【初心者向け】社交ダンスルンバの特徴やステップ動画、歴史を解説

スポンサーリンク

社交ダンスのルンバってどんな踊りだろう?特徴やステップを知りたい!

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • ルンバとは?
  • ルンバの面白さ・難しさを解説
  • ルンバの初心者ステップを動画で紹介
  • ルンバの歴史を詳しく解説

 

本記事の信頼性

ミクトプロフィール

ミクト(@mikuto_dance)

この記事を書いている私は、社交ダンス・競技ダンス歴13年です。

大学で社交ダンスにはまり、今も妻と一緒に大会に出場しています。社交ダンスは若い人でも楽しめる趣味としてもっと広めたくブログなどで発信しています。

 

本記事では初心者の方が少しでもルンバがどんな種目かイメージできるよう、丁寧に解説していきます。

 

ルンバの初心者ステップやルンバが自分に合っているか、踊ってみたいと思えるかがわかりますよ。

 

それでは記事の最後でお会いしましょう。

 

ルンバはゆったりしている割にすばやく動くかっこいい種目ですよ。初心者の方向けに詳しく解説していきますね。
ミクト

 

 

社交ダンスのルンバとは?3つの要素で解説

社交ダンスのルンバとは?3つの要素で解説

 

まず、ルンバどのようなダンスか、動画をご覧ください。

 

 

すごく妖艶な印象を受ける、男女の恋愛模様を描く種目ですね!
ミクト

 

元世界チャンピオンのリカルドとユリア組が踊るルンバです。

 

そんなルンバを、もっと知っていただけるよう、3つの要素で詳しく解説していきますね。

 

ルンバを3つの要素で解説!

  • 特徴
  • カウント・リズム

 

種目の特徴

 

ルンバはラテン種目の1つで、滑らかでゆったりとした動きのなかで見せる緩急が魅力的なダンスですよ。

 

すり足で動きつつ、愛を育むような表現で踊るのも特徴の1つですね。

 

曲がゆっくりでステップも簡単なので初心者向け、と言われます。

 

スタンダード種目とラテン種目の違いが知りたい方は下記の記事で、違いを紹介しているのでみてくださいね。

 

>> 社交ダンスは全部で14種類!違いを解説

 

カウント・リズム

 

ルンバのリズムは4拍子で2拍目に弱いアクセント、4拍目に強いアクセントをとります。

 

ルンバのカウントは「ワン」、「ツー」と英数字で呼ぶことが多いですね。

 

1小節が4拍で構成され、「ワン、ツー、スリー、フォー」とカウントを取ります

 

「1,2,3,4」と記載をし、全部1拍ずつで数えますよ。

 

また、半拍(0.5拍)でカウントを取ることもあり、&(アンド)と言います。

 

ルンバの曲

 

ルンバの代表的な曲は、ディズニーのアラジンの主題歌「A Whole New World」ブルーノ・マーズの曲「Just The Way You Are」などがあります。

 

上記含めた、私が厳選したおすすめルンバ曲を10曲収録していますので、ぜひ聴いてみてください。

 

 

さらに下記の記事で各楽曲、ルンバの曲について詳しく解説しているので、チェックしてみてくださいね。

 

>> 社交ダンスのルンバの曲お気に入り10選!曲のおすすめポイント紹介

 

社交ダンスルンバの面白さ・難しさ

社交ダンスルンバの面白さ・難しさ

 

それでは、実際に競技会などでルンバを踊る私が、面白さや難しさを解説しますね。

 

また、実際に踊ってみてわかった初心者へのおすすめ度も合わせて紹介します。

 

ルンバの面白さ

 

面白さは2つです。

 

ルンバの面白さ

  • 社交ダンスを踊れたがすぐ味わえる
  • 物悲しい曲が多いので、すごく感情を表現して踊れる

 

初心者向けのステップが簡単にできているので、すぐ踊れるようになりますよ。

 

そして、踊れるようになると達成感があり、とても楽しいと感じましたね。

 

また、ルンバは心にグッとくる曲も多いので、その曲に合わせて踊るとすごく気持ちが入っていいですよ。

 

簡単だからこそ踊って楽しいが感じやすい種目です。とてもおすすめですよ!
ミクト

 

ルンバの難しさ

 

ルンバの難しさは下記2つです。

 

ルンバの難しさ

  • 愛を表現する踊りと聞くと最初は少し恥ずかしい
  • 曲が遅いのでごまかしが効かない

 

上手な人のダンスを見たり、愛を表現すると聞くと少し抵抗を感じるかもしれません。

 

しかし、最初は無理せず愛の表現はおいて、しっかり踊ることに集中するといいですよ。

 

ダンスに慣れたら表現なども考えていけるようになるので、慌てないようにしましょう。

 

そして、ルンバは曲が遅く、ゆったりしているので、途中で間違った動きや止まってしまうことがあるのが難しいと感じるところですね。

 

初心者おすすめ度

 

初心者おすすめ度はもっともおすすめできる「」ですね。

 

理由は曲がゆっくりで、初心者用ステップが簡単なためです。

 

ラテン種目の中で、ルンバは初心者に一番おすすめできる種目ですよ。

 

グループレッスンなどで、先生が初心者にラテンを教える場合にもよく使われます。

 

よって、ラテンをやりたいと思ったときはルンバを選べば間違いはありません。

 

他の種目のおすすめ度を下記で紹介しているので、気になる方はチェックしてくださいね。

 

>> 社交ダンス14種類の種目の初心者おすすめ度を紹介

 

社交ダンスのルンバ初心者向けのステップ

社交ダンスのルンバ初心者向けのステップ

 

それでは、社交ダンスの初心者が最初に習うことが多いベーシックステップを紹介していきますね。

 

まず、ステップの動画とカウントを紹介します。

 

 

ルンバのステップ名とカウント

番号 ステップ名 カウント
0 予備歩 41
1 オープンベーシックムーブメント 2341
2 オープンヒップツイスト 2341 2341
3 ニューヨーク 2341 2341 2341
4 スポットターン to L 234

教室やサークルによっては少し異なることもありますが、紹介するステップをどこかでは使うので知っておいて損はないですよ。

 

それに、少しでも知っておくと予習になるのでおすすめです。

 

動画のようにステップが踏めるよう、練習してみましょう。

 

そして、少しステップが踏めるようになったら3つのポイントを意識してみるといいですよ。

 

クイック上達のための3ポイント

  1. 上を向くこと
  2. 動きのつながりを意識すること
  3. 緩急をつけること

 

それぞれ解説していきますね。

 

1.上を向くこと

 

ステップを覚えようとするとどうしても下を向きやすくなっています。

 

よって、しっかり顔をあげて踊るようにしましょう

 

私もそうですが、これまで見てきた多くのかたがやってしまっていましたね。

 

2.動きのつながりを意識すること

 

踊っている人を見ると滑らかに動いて見えます。

 

理由はルンバを習った後によく習う、ラテンの動きの基礎の練習方、クカラチャを勉強しているからですね。

 

体の動きを滑らかにしつつ、つながりを意識したい方は、クカラチャを練習することをおすすめします。

 

おすすめの動画を貼っておきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

3.緩急をつけること

 

ルンバはメリハリをつけて踊るダンスなので、緩急をつけるようにするといいですよ。

 

最初はオープンヒップツイストの4,1での手を横に広げるステップで実践するといいですね。

 

カウントの1の次、「&(1.5拍)」になる直前まで、形を作り続けて、1.5〜2になるときに次の動きにうつるとメリハリをつけられます。

 

ルンバの動きは他の種目に応用が効くので、しっかり練習することをおすすめします。私も始めたてはクカラチャの練習ばかりしていました笑
ミクト

 

社交ダンスのルンバの歴史

社交ダンスのルンバの歴史

 

まず、ルンバの起源はキューバに奴隷として連れて来られた、アフリカ系住民から生まれた音楽と踊りです。

 

その踊りが1940年以降にヨーロッパやアメリカに伝わり、社交ダンス界が独自の解釈によって作り替えたものが社交ダンスのルンバになります。

 

ルンバはてきた当初、リズムの1拍目から踊り始めるスクエアルンバと、2拍目から動き始めるキューバンルンバに分かれていました。

 

1962年に英国教師協会が正式にキューバンルンバをルンバの基礎として採用したのをきっかけに、社交ダンスのルンバは暗黙のうちにキューバンルンバと認識されるようになりました。

 

実はルンバの足をする動きは奴隷につけられた足枷がルーツと言われています。動きを見ると確かに重いものをつけて擦って歩いている感じが想像できますよね!
ミクト

 

まとめ

まとめ

 

初心者の方向けに社交ダンスのルンバを解説してきました。

 

ルンバは滑らかでゆったりとした動きのなかで見せる緩急が魅力的なダンスです。

 

初心者用のステップが簡単なので、早めに社交ダンスが踊れて楽しいを実感できると思います。

 

ラテンを習ってみたいと思ったら、ルンバはすごくおすすめですよ。

 

ルンバはグッとくる曲が多く、感情表現しやすい種目なので私は好きですね!
ミクト

 

そんなルンバを教えてくれるおすすめの東京や大阪の社交ダンス教室を紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

 

>>初心者向けの東京の社交ダンスで無料体験・安く体験ができる教室

>>無料体験できる大阪の初心者向けの社交ダンス教室

 

また、社交ダンスをもっと知りたい方向けに映画で知る方法社交ダンスの種類全14種目も紹介しています。

 

合わせてチェックしてみてくださいね。

 

今回は以上です。

スポンサーリンク

-基礎知識を知りたい, 社交ダンスがわからない人向け

© 2021 ボールルームラボ